ABOUT US

看護部について

職員募集について

看護部長 岩﨑明美

 長津田厚生総合病院は、医療を始め約60年以上経ちます。病院理念・基本方針に沿って安全と安心そして納得して頂く医療を提供しております。紹介状持参の方は速やかに診察が受けられるよう対応しております。

 又、院内に併設の健診センターや訪問診療、在宅療養中の急変時受け入れ、退院後の訪問リハビリ等も含め一貫したケアを行える訪問看護ステーションも開設しております。新病院誕生に向けた医療従事者を募集しております。直接応募も対応しておりますのでご連絡をお待ちしております。

看護部長  岩﨑 明美

看護部運営の基本方針

長津田厚生総合病院 看護部では「よりあたたかく」「より安全な」看護を提供いたします

  • 私たちは、「お断りをしない」救急病院の使命を果たします。
  • 私たちは、安全で安心な看護を提供いたします。
  • 私たちは、笑顔で丁寧な対応をいたします。

看護部概要

許可病床数
190床(一般170床・療養20床)
新館1階(療養病棟)
新館2階(一般病棟)
新館3階(一般病棟)
本館3階(一般病棟)
本館3階病棟
整形外科、循環器内科

2交代制

夜勤:看護師2名、助手2名

新館3階病棟
外科、内科、糖尿病教育

2交代制

夜勤:看護師2名、助手2名

新館2階病棟
眼科、一般内科

2交代制

夜勤:看護師2名、助手2名

外来部門
各科診察と手術室、心臓カテーテル室、内視鏡室、透析室など

※救急外来

  • 長津田厚生総合病院 看護部
  • 長津田厚生総合病院 看護部
  • 長津田厚生総合病院 看護部
  • 長津田厚生総合病院 看護部

病棟・部門について

療養病棟・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

療養病棟

当病棟は、20床の療養病棟です。

急性期治療後で継続的な医療が必要な患者様、透析患者様を、医師・看護師・看護補助者が、患者様の尊厳を尊重し、世代の文化や価値観を重視した療養生活を過ごして頂いています。

医療と介護度が高く、肺炎や褥瘡予防、廃用症候群の予防を中心に看護ケアを行っています。また、誕生日のお祝いや季節が感じられるような催しなど、少しでも安らかな時間を患者様と共に過ごしています。

2階病棟・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

2階病棟

当病棟は58床の内科病棟です。

経験年数が浅いスタッフからベテランスタッフまで在籍しているためコミュニケーションをよく取り、様々な不安を抱えて入院してこられる患者様やご家族様に少しでも安心していただけるような看護を目指して頑張っています。

また、看護学生の実習を受け入れており、学生から当院を選んでよかったと思ってもらえるような教育体制や環境づくりに取り組んでいます。

新館3階・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

新館3階

当病棟は、48床の一般内科・外科・眼科の病棟です。

良性疾患をはじめ悪性疾患の手術や内視鏡的治療など多岐にわたる疾患と治療、看護を提供しています。

新人看護師をはじめそれぞれの看護師の知恵を出し合いながら、地域の患者様やご家族が安全で安心できる療養環境の提供、そして、多職種と協力して早期に退院できるよう取り組んでいます。

本館3階・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

本館3階

当病棟は、49床の循環器・整形外科の病棟です。

循環器内科ではカテーテル治療と心不全などの疾患に対して、増悪の回避に向けた自宅療養の指導を行っています。

整形外科では、脊椎・上肢・下肢の周術期の看護が中心で、リハビリテーション科と協力しながら早期退院に向けた看護を提供しています。

新人からベテランまで看護師の層は幅広く、些細なことでも相談しやすい雰囲気があり、ともに成長していく職場です。

外来・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

外来

外来部門は、各診療科と心臓カテーテル室・内視鏡室があり、他職種と協働しながら、各科の診療介助や検査介助、救急対応などを担っています。

日々の業務や研修を通し、専門的な知識や技術を習得し、患者様に安全な医療を提供できるように努めています。

また、病院の顔という自覚を持ち、患者様に安心して頂ける暖かい看護を心がけています。

手術室・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

手術室

当手術室では、外科・整形外科・眼科手術などに対応しています。

看護師5名、看護補助者1名、麻酔科医師1名が一丸となって、周術期における患者の安全を守り、手術が円滑に遂行できるよう専門的知識と技術の提供に取り組んでいます。

手術が立て込み忙しい時もありますが、スタッフ同士仲良くコミュニケーションをとりながら取り組んでいます。

透析室・看護部(長津田厚生総合病院)イメージ

透析室

透析患者さんの高齢化や糖尿病性腎症の増加により、末梢動脈疾患が増加しています。

透析室看護師は、フットチェック・フットケアを定期的に行い、疾患の早期発見に努めています。

腹膜透析導入にも積極的に取り組んでおり、血液透析スタッフが腹膜透析を兼任し対応させていただきます。

看護助手募集

PAGETOP