HOSPITAL INFO

長津田厚生総合病院とは

当院は2024年3月31日(日)をもって閉院いたします。

2月29日(木)をもって保険診療が停止となりましたので、3月1日(金)~31日(日)の間は外来診療(救急、紹介患者応需を含む)は休診となり、看護師や看護助手の募集も終了しています。
閉院に伴いまして、ご覧の看護部サイト・コンテンツも順次閉鎖いたします。
ご利用者の皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。また、当院看護部にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございました。

4月1日(月)以降は、新たな医療機関が現在の場所で、内科外来・眼科外来・泌尿器科外来・人工透析・健診センターの診療を行う予定です。(入院診療は行いません。)

長津田厚生総合病院について

長津田厚生総合病院の外観

長津田厚生総合病院は、緑区・青葉区・都筑区・町田市を中心に横浜・神奈川県北部の地域医療を担う総合病院です。

昭和22年に横浜市中区日ノ出町の小さな診療所から始まり、昭和30年に長津田厚生病院を開設してから60年以上にわたって、常に地域の患者様のニーズに応えられるように、時代に応じた医療環境の整備に努め、地域との連携を深めながら健全な病院運営を目指しています。

活動の一環として消化器センターの設立や最新型のCT機器の導入、最新型MRIによる検査の実施、そして平成25年には心臓カテーテル検査を実施するために心臓血管センターを設立しました。

また、院内には健診センターも入っており、人間ドック・健康診断・予防接種等を実施している他、出張健康診断も実施しており、地域の人々の予防医療に貢献しています。

その他、横浜市の二次救急受け入れ病院としても機能し、緊急時にも柔軟に対応している総合病院です。

病院