VOICE

2年目看護師の声

当院は2024年3月31日(日)をもって閉院いたします。

2月29日(木)をもって保険診療が停止となりましたので、3月1日(金)~31日(日)の間は外来診療(救急、紹介患者応需を含む)は休診となり、看護師や看護助手の募集も終了しています。
閉院に伴いまして、ご覧の看護部サイト・コンテンツも順次閉鎖いたします。
ご利用者の皆様、関係者の皆様には、多大なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。また、当院看護部にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございました。

4月1日(月)以降は、新たな医療機関が現在の場所で、内科外来・眼科外来・泌尿器科外来・人工透析・健診センターの診療を行う予定です。(入院診療は行いません。)

<当院は2024年3月31日(日)をもって閉院となるため、看護師募集は終了いたしました。ご覧いただいているページに掲載されている情報は古い、あるいは終了した内容の場合がございますので、予めご了承ください。>

当院に新卒扱いで入職したのは41歳…(T.K)

T.K

私は本館三階病棟に勤務しています。循環器内科と整形外科の混病病棟です。私は社会人から看護学校に入学し、当院に新卒扱いで入職したのは41歳でした。

体力ない、覚えが悪い、あわてんぼう・・おたんこナースのオバさん新人でしたが、師長をはじめ、病棟の先輩方の支えもあり、嵐の様な1年が経ち、なんとかかんとか先輩の背中を追いかけている現在です。

看護師は対人職であり、看護技術のひとつひとつが患者様の命に直結し、正直激務です。

精神的にも肉体的にも消耗し、心がクサクサする時もありますが、退院された患者様に外来でお会いした時など「あ!○さん!」と元気に声を掛けて頂くと「(あの時、あんなに痛い苦しいと言っていた○さんがこんなに元気になって…)」と嬉しくく思うと同時に、仕事へのモチベーションに繋がっています。これからも笑顔を忘れず患者様の立場になって考えられる看護師を目指します。

T.K

前のページに戻る

病院